元クリニック経営者を再逮捕

元クリニック経営者を再逮捕

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。 愛知県岡崎市の診療所「マリークリニック」で、不正な医療行為が行われていたとされる事件で、愛知県警は23日、常勤医がいないのに診療所を開設していたとして、同診療所の元経営者、鈴木みなえ容疑者(46)=医師法違反罪で起訴=を医療法違反の疑いで再逮捕するとともに、医師の名義貸しを手助けしていた容疑で、新たに40代の医療コンサルタントの男を同法違反の疑いで逮捕した。 また、県警は名義貸しなどに関与していたとして、50代の医師の男も同法違反容疑で立件する方針。 捜査関係者などによると、鈴木容疑者は2012年4月~13年6月までの間、医師免許がないにもかかわらず、岡崎市の許可を得ずにクリニックを開設。レーザー脱毛など美容医療の施術をする診療所として実質的な経営を担っていた疑いがある。 クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずお客様を第一に考えており、常にお客様と連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、お客様がお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。