恐ろしいレイプ被害!スマホやイヤホン使用に気を付けて!

恐ろしいレイプ被害!スマホやイヤホン使用に気を付けて!

今年に入り、レイプや強姦(ごうかん)、強制わいせつの性犯罪に遭った女性のうち約2割もの人が
被害を受けた時にスマートフォンを見たり、イヤホンで音楽を聴いたりしていたことが分かりました。
スマートフォンやイヤホンを使っていると犯人が近づいても気が付きにくいということですね。
夜間外出時は特に、スマートフォンなどの利用に十分注意しましょう。

性被害は、被害者にとって一生悩まされることになる大変悲しい事件です。
少しでも被害をさけるよう、身を守る努力を日ごろから行いましょう。

犯行の際に画像や映像を撮られて、脅されているケースもあります。

 

 

レイプ被害に遭ってしまった!どうしよう・・・ 今すぐご相談ください!

スマートフォンや携帯音楽プレーヤーの普及から、これらを使う女性が性犯罪に遭う傾向が出始めました。
スマホなどを利用中に突然襲われるとパニックに陥り、事後対応も遅れがちになるというのです。
これは、なんとなく想像できることだと思います。
京都市左京区で昨年5月に連続発生した強制わいせつ事件においても、
被害女性のうち少なくとも3人がスマホやイヤホンを使って歩いていた時に被害に遭っています。
また、別の強制わいせつ事件では帰宅時に背後から男が室内に入り込んだのにイヤホンをしていたため被害者女性が気付かなかったというのだから大変危険なことがうかがえます。

京都府内の強姦と強制わいせつ事件の認知件数は2011年が186件だったのに対し13年は243件で、
今年も5月末時点で前年同期比5件増の83件に上っています。
もちろん、被害届を出さない被害者もいるのでこの数字をはるかに超えた事件が起こっているのは間違いありません。
薄着の外出が多い夏場に性犯罪は増えます。
昨年、屋外で発生した強制わいせつ事件の認知件数は5~8月が年間総数の半数に上り、
発生時間は午後10時~午前2時が全体の42%を占めているのでこの期間は特に注意を行いましょう。

 

 

水面下でレイプ被害を解決したい!アイ総合コンサルタントにご依頼ください!

レイプ被害は、警察に届けることで二次被害に遭うと表現する方もいます。
嫌なことを思い出すだけではなく、自らに起こった屈辱的な出来事を公にさらすことになってしまいます。

アイ総合コンサルタントでは、表に出さずに水面下でのトラブル解決を願う方にご好評を頂いております。
当事者間ではどうにもならない・・・
けれど、警察には相談したくない・・・

そう思った方は、今すぐアイ総合コンサルタントにご依頼ください。
トラブル解決のエキスパートがそろっています。

また、警察への相談のアドバイスもご依頼いただいております。

レイプ被害を公にするもしないも、クライアント自身が選択し優位に問題解決がすすむように考えます。アイ総合コンサルタントでは、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずクライアントを第一に考えており、常にクライアントと連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください。私たちはトラブル解決はもちろん、クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

早期解決は、早期ご相談・ご依頼から始まります。
今すぐお電話でご予約をお取りください。

※無料相談はしておりません。