キャッパー被害

キャッパー被害の解決お任せください!

ネットトラブルは、年々増加傾向にあります。
目に見えない相手から執拗な誹謗中傷を受けたり、嫌がらせが行われています。
インターネットは偽名で書き込みをしたり、メールを送り付けたりすることが容易なので、嫌がらせには都合のよい手段です。
これに、悩まされている被害者は増え続けています。

 

ザ!世〇仰天ニュースでも取り上げられた悲しい事件

先日、某テレビ番組で取り上げられていた被害。
以前からも海外ではネットに裸の写真を載せられた被害者が自殺してしまう事件が問題視されていました。
この被害、日本でも起こる可能性が十分あり、リベンジポルノ被害としても定着しつつあります。

ネットに自分の裸の映像が出ていまっただけではなく、その画像をメールでクラスメイトや会社の同僚、上司などに送られてしまったら・・・
考えただけでもぞっとしてしましますね。
それだけではなく、相手から脅迫を受けつこともあります。
どんどん被害はエスカレートし、追い詰められてしまった挙句、自ら命を絶ってしてしまうこともあるのです。
ネットの中の見えない相手は、執拗に追い詰めてくるのです。

精神的に未熟な未成者は、とっくにネットから離れられない傾向にあります。
ネットの世界での人間関係は、想像以上に重要視されています。
一旦そこでの社会に入り込んでしまうと、常にパソコンやスマートフォンに目を向けているような状態になってしまうのです。
辞めろと言われても、見てしまう・・・
見なければ気にならないことも、自ら見てしまうのです。

 

あなたのお子さんは、大丈夫ですか?

ネット社会に溶け込んだ今の子どもたちは、大人が思っている以上に広く人との係りを持っています。
例えば、昔は出会い系も限られた場所でしかできませんでしたが、今では携帯電話やスマートフォンがあればどこででも、誰でもやり取りができるのです。それも、リアルタイムでのやり取りが可能です。女子高生のおこずかい稼ぎとしての援助交際も簡単に行えます。ウエブカメラを利用したやり取りでは、一瞬の出来事もキャッパー画像として取り込まれます。ネットは便利なものですが、それを利用した犯罪は増える一方なのです。
巻き込まれたら最後、当事者での解決は難しいでしょう。

被害が拡散する前にご相談ください。