企業トラブル 精神障害

企業トラブル 精神障害

 

精神障害の中でも仕事上、特に注意が必要となる者があります
精神障害は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会は、著しい苦痛や機能の障害を伴っているとしている。精神疾患の語が用いられるが、厳密には精神障害である。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きもある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また物質関連障害などといった、様々な症状を呈する状態がある。診断された者は精神障害者と呼ばれる。

症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、また脳損障害など医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状であると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。

精神障害を診断するための決定的な生物学的な検査は存在しない。軽い日常的な出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。治療法も決定的なものは存在しない。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は人々を復帰させていない。自然に軽快することもある。

日本では、精神疾患の治療を担当するのは主に精神科医(精神医学・精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。