子供のトラブル回避

子供のトラブル回避

 

「近頃、子供の笑顔が少なくなった・・・」「元気がない・・・。」

 

そんなSOSを感じたら、いじめにあっているのかもしれないと気づいてください。小さな心で必死に耐えている

 

のです。両親や兄弟などのいないところでいじめはおきているのです。子供はいじめられていることを決して自分

 

から言いません・・言えないのです。いじめは残酷にもどんどんエスカレートしていきます。早期発見、早期解決

 

が必要です。近年、いじめによる自殺も相次いでいます。一人で耐え続け、苦しみ、一人で考えたあげく自殺・・

 

いじめがエスカレートする前に我が子とともにいじめの対策に取り組んでいく必要があるのです。いじめは心の

 

傷となり、トラウマとなり大人になっても精神的に不安定になったり、人間不信というハンディを背負うことにも

 

なりかねないのです。誰も助けてはくれません。小さな異変に気付いたら、アンバサダー調査事務所に

 

ご相談ください。真実を知り、解決へと一歩を踏み出しましょう!!経験豊かな相談員が対応いたします。

 

秘密厳守ですのでご安心下さい。次のようなことにならないために。

 

川崎中1殺害と同様の危険、全国に400人 文科省調査

 

川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年生の上村(うえむら)遼太さん(13)が殺害された事件を受け、同様の危険にさらされている子がいないか文部科学省が緊急調査し、13日結果を発表した。連絡が取れない、または校外の集団と関わりがあり、生命や身体に危険が及ぶおそれがある小中高校生は全国で400人に上った。

該当する児童・生徒について、文科省は学校に対し、警察と連携するなどして安全を確保するよう促す。今後、どう対応したか報告を求めるという。

調査は2月27日~3月9日、全国の国公私立の小中高校、特別支援学校を対象に実施。(1)7日間以上連続して連絡がとれない(2)学校外の集団との関わりがある、の二つのケースのうち、「生命や身体に被害が生じるおそれ」のある児童・生徒。危険があるかどうか確認できない場合も含めて集計した。