住人がグルになり監視

住人がグルになり監視

近隣の方とトラブルを起こさないために大事なのは、そこに住んでおられる方々とのコミュニケーションが大事となってきます。ですが、近年は昔とは違いそのコミュニケーション自体が希薄になってきている傾向があり、トラブルにも発展しやすいのが現状です。もしあなたが現在近隣トラブルでお悩みなのでしたら、一度私たちにご相談下さい。

大阪府豊中市のマンションで6階の住人の(33)が殺害された事件で、同じ階に住む容疑者(53)=殺人容疑で送検=が取り調べの中で、「6階の住人が『グル』になり自分を監視していた」と供述していることが29日、大阪府警への取材で分かった。被害妄想を膨らませた末、犯行に至った可能性があるとみて、府警が供述内容を精査している。

府警によると、容疑者は「いろんな人から嫌がらせを受けていた。監視されたり、ストーカーをされたりしており、我慢できなかった」と供述している。しかし、容疑者の供述には事実関係があいまいな部分が多いという。

一方、府警はこれまでに、容疑者の自宅から血液が付着した凶器とみられるサバイバルナイフを押収しているが、さらにこれとは別のサバイバルナイフや特殊警棒も押収。容疑者は「ナイフは持ち歩いていた」と供述しており、府警はこれらの購入目的などを調べている。
様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。