女児誘拐事件

女の子誘拐事件! 八戸市

青森県で小学生の女の子が誘拐された事件がありました。
未成年者誘拐の疑いで逮捕されたのは八戸市尻内町尻細、男性会社員A容疑者42才。
2日間にわたり青森県内に住む女子小学生が車で連れ回されたようです。
この容疑者は女児と顔見知りだが、母親と面識は無いそうです。

車中泊でなく、施設に宿泊していたようで、十和田署が詳しい足取りなどを調べている。
A容疑者は5月31日午前7時半ごろ、女児の自宅周辺で声を掛けて黒い軽乗用車に乗せて連れ去り、
青森、岩手両県を回った疑いが持たれています。
不審な車の目撃情報から、十和田市内のスーパー駐車場で小松容疑者を発見、一緒にいた女児は確保されました。
容疑者はアパートに1人暮らしでした。

 

行方不明や家出  時間が経過するほど難しくなる問題

子どもだけではなく、大人も行方が分からなくなることがありますね。
痴ほう症で深夜徘徊してしまう家族や、親子げんかの末家出する子どもなど
行方が分からなくなるにはそれなりの理由があるものでしょう。
そして、事件へと巻き込まれてしまうこともしばしばあります。
自ら行方をくらましている人は、いなくなっても探せない・・・
ならば、犯罪に巻き込んでしまえ!
と企む輩もいるのです。

 

家族トラブルでお悩みの方は、アイ総合コンサルタントにご相談ください。

家族の絆は、強いものになる前には問題を一歩一歩乗り越えなくてはなりません。
乗り越えられない時に、親子関係や夫婦関係は崩壊するのです。
異端崩壊された家族は、バラバラになり、時間の経過で行方がつかめなくなることもあります。

そうなる前に、家族トラブルのご相談は、アイ総合コンサルタントにお任せください。
24時間 365日受付可能。完全予約制ですのでご予約ください。