女児監禁事件

計画的に犯行か!倉敷 女児監禁事件!

 

岡山県倉敷市の小学5年生の女の子が5日ぶりに無事保護された事件、ほっとしましたね。

岡山県警は監禁の疑いで現行犯逮捕した岡山市北区の自称イラストレーターの49才の男でした。
警察は、この男が計画的に女子児童を連れ去った疑いがあると見て捜査しています。
この男の自宅を7時間にわたり家宅捜索した結果、
保護された女子児童のピンクのランドセルや制服、靴などが見つかったが携帯電話は見つかりませんでした。

また、犯行に使われたとみられるシルバーの車についても押収して検証を行っているようです。

 

 

不審車両に要注意!早期解決は、ナンバープレート!

今年4月頃から女子児童の自宅周辺では不審なシルバーの車がたびたび目撃されていたといいます。
女子児童の母親がナンバープレートの4桁の番号を控えており、警察に伝えたため逮捕へとつながりましたが、
この容疑者は別のプレートを重ねるなど偽装工作していたことも分かりました。
警察では、この男は事前に誘拐して監禁する準備し、計画的に女子児童を連れ去った可能性もあるとみて調べていようです。

 

監禁部屋!用意周到な誘拐、監禁事件!女性は要注意です。

今回の事件のように、目的のために予め準備を行う用意周到な事件は、問題が発覚しにくものです。
倉敷で起こった今回の女児監禁事件は、多数の目撃者と車のナンバープレートが犯人逮捕のきっかけになりました。
しかし、考えてみてください。
あらかじめ用意した防音設備の整った監禁部屋に、目撃情報も無い状況で拉致監禁されてしまったら・・・

男女トラブルや別れ話のもつれ、ストーカー被害に遭っている方は、今すぐご相談下さい。
事件が起こってしまったら、取り返しの付かない状況になってしまうのです。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれないと少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

 


&nb