変態タクシー運転手の事件

変態タクシー運転手の事件

 

こんなタクシー、絶対乗りたくない!

最低変態タクシー運転手の事件です。

この変態運転手は、女性の「トイレに行きたい」という訴えを聞き入れず、タクシーを走らせ続けたといいます。

しかも、利尿剤をクリームに混ぜたクラッカーを食べさせたというから怖すぎます

暴行と監禁の疑いで逮捕された変態タクシー運転手は、大阪府のタクシー運転手で41才の男性。

「女性が尿意を我慢する表情やしぐさに、性的興奮を覚えていた」と供述しているそうです。

クラッカーを食べさた10分後、

女性が「トイレに行きたい」と訴えたが、タクシーは高速道路を走行。

激しい尿意を訴える女性に変態タクシー運転手は、「車内でしてもいいですよ」と言い、

タクシーを止めることを拒み、女性を車内に監禁した。

介護用吸水シートを手渡されて排尿を促された被害者の女性は、車内で用を足したという。

しかも、その様子をカメラで撮影していたというから最低です。

自宅からは、女性が失禁する様子を撮影した映像や、利尿剤フロセミドの錠剤およそ120錠が押収されたそうです。

 

アイ総合コンサルタント

0120-007-808
アイ総合コンサルタントでは、
証拠を活用出来る人材
証拠調査士の育成もしています。
探偵業をされている方のステップUPのための資格です。
クライアント満足度を上げて、
収入アップにつながる資格でもあります。
お問い合わせは、

アイ総合コンサルタント

0120-007-808