変態

変態

パラフィリ 障害

変態は病気なのか
変態も度を過ぎると精神疾患と診断されることがあります。
パラフィリアは,再発性の強い性的興奮をもたらす空想,強い衝動,または行動で,苦痛や障害を伴い,無生物,小児,その他合意の成立していない成人を巻き込み,または自分自身や相手に苦痛や屈辱をもたらすものである。

相手や医療者にとって異常と思われる性的嗜好は,単に異常だというだけではパラフィリアとはみなされない。その興奮パターンが性的機能になくてはならないものになり(すなわち,この刺激なしには勃起やオルガスムが起こらない),不適切な相手(例,小児,合意の成立していない成人)を巻き込み,顕著な苦痛や社会的,職業的,その他重要な機能領域に支障をもたらす場合にはじめて,そのパターンは病的とみなされる。パラフィリアを有する者は,パートナーとの間に愛情に満ちた相互的な,感情的および性的に親密な関係を築く能力が損なわれているか,あるいは欠けていることがある。個人的,情緒的適応の他の側面も同様に障害されていることがある。

通常,性的興奮のパターンは思春期前にかなり発達する。これには少なくとも3つのプロセスが関係する:不安または早期の心的外傷が正常な精神性的発達を妨げる;ときに本人の性的快楽体験を強化する強烈な性体験に早期に曝されることにより,性的興奮の標準的パターンが他のものに置き換わる;そして性的興奮のパターンがしばしば象徴的な条件付けの要素を獲得する(例,フェティッシュは性的興奮の対象の象徴だが,性的好奇心,欲望,そして興奮と偶然結びつくことによってそのフェティッシュが選択されていることがある)。パラフィリアの発現が全てこのような精神力動的プロセスの結果であるのかどうかについては異論があり,一部のパラフィリア(例,小児愛)では脳機能の変化を示す何らかの証拠が存在する。

ほとんどの文化において,パラフィリアは男性の方がはるかに多い。この分布の不均衡には生物学的理由があると考えられるが,詳しくは解明されていない。

パラフィリアの多くはまれにしかみられない。最もよくみられるのは小児愛,窃視,露出症である。パラフィリアを有する者のごく一部が法を犯し,性犯罪者となる。これらの犯罪者のあるものは顕著な人格障害を有し(例,反社会性または自己愛性),これが治療を困難にする。