シェアハウストラブル

シェアハウストラブル

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。
ドラマの影響もあり、ひとつの住居を複数人で共有して暮らす「シェアハウス」が注目を集めているますね。

楽しいだけではない、トラブルもあるそうですよ。

シェアハウスの「同居人」が家を荒らして「行方不明」 どう対処すべきか?

 

シェアハウスでは、寝るための個室があるものの、リビングや台所・浴室などは、「共有スペース」を利用するのが一般的だ。初期費用や光熱費を安く抑えられることから、若者から広い年代まで人気があります。

「自由で楽しそう」「オシャレ」といったイメージがありますが、一方で、他人同士が近い距離で暮らすことのリスクも考えなければなりません。

先日も、東京都内のあるシェアハウスの入居者のひとりが、家の中を荒らしたまま行方をくらませたという話がツイッターで話題になったばかりです。
部屋に布団や衣類が散らばり、共有の壁や浴室にはリキュール酒が撒き散らされている状態だったそうです。

問題行動を起こしたとされる入居者は、以前も同居人とトラブルを起こし、退去を求められていたそうです。このような場合だと、弁償を求めて話が余計にこじれるケースもあるでしょう。

こういったシェアハウスでのトラブルには、どう対応すればよいのだろうか。

シェアハウスの「リスク」をしっかりと自覚すべき!

「シェアハウスにはさまざまな形態があります。トラブル防止や解決のためには、契約書等(規約書、合意書、ルールを定めた書面など)は必須と言えますが、なかには契約書等がないケースもあります。またトラブルが発生したときには、管理者がいれば協力を求めたり責任を追及したりできますが、そうでなければ自分たちで問題を解決しなければならず、相当わずらわしいことになりがちです」

との弁護士のコメントがありました。

弁護士では解決出来ない問題です。

世の中には、法律では解決出来ないトラブルの方が多いのです。

アイ総合コンサルタントでは水面下でコンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

アイ総合コンサルタントへご相談ください。

0120-007-808

 

~リベンジポルノ相談~

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

まずは、お電話をください。経験豊かなアドバイザーが対応しております。貴方一人で悩まず、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

当社は完全予約制です。

ご要望があればお近くで面談させていただきます。
まずは、お電話でご予約をお取りください。

相談ダイヤル 0120-007-808

アイ総合コンサルタント