集団強姦事件

集団強姦事件 レイプ被害解決

インターネットの普及で見ず知らずの者同士で犯す犯罪が増えてきている。集団強姦、集団痴漢などの犯罪が実際おこっている。

加害者は自分が犯罪を犯していると知らずにその行為に及んでいるケースも多く、痴漢等では嫌がっているのもプレイの一つ、強姦も嫌がっているのもプレイの一つと考えていたケースもある。殺人もネットで参加者の募集をしていたことがあったほどである。

このような状況の中で自分の身を守るのは警察ではなく自分自身であると理解してほしい。

大阪府警箕面署の巡査部長、府警の元警官)両容疑者が集団強姦と監禁の容疑で逮捕された事件で、2人は面識がなかったとみられる。

容疑者がインターネットの掲示板に実名で登録していたことも判明。府警捜査1課は事件の詳しい経緯を調べている。
捜査関係者によると、2人は2006年4月採用の同期だったが、事件当日に初めて会ったとみられる。事件前には無料通信アプリLINE(ライン)でやりとりするなどしていたが、お互いの素性については言及していなかったという。
セクストーションとは、性的な脅迫です。交際相手などの性的な関係を持った相手から脅迫される被害です。性癖についてや浮気や不倫関係などをネタにして脅迫される被害です。羞恥の面でも相談出来ない事を知って被害に泣き寝入りしても解決にはいたりません。
警察のOBをはじめトラブル解決のプロがあらゆるトラブルの解決を手掛けています。企業トラブルもさることながら、個人のトラブル解決依頼が後をたちません。最近の傾向としては、リベンジポルノ被害やストーカー、恐喝、電磁波被害など多岐にわたるトラブルです。警察に相談出来ないトラブルを抱えている方も多く、クライアントの方々から解決できたお喜びの声を頂いております。このページをご覧になってくださっているあなたは、今、女性として、または経営者として何か大きな問題を抱えておられるのではないかと思います。アイ総合コンサルタントを通して今すぐ解決に向けて取り組みましょう。当社は、クライアントのみの対応です。無料でのご相談は行っておりません。