道路族の問題!

道路族の問題!

「道路族」という言葉をご存知でしょうか?
近年問題が多様化する近隣トラブル。中でも、この道路族の問題は、水面下で大きな問題になっているのです。
その理由は、道路族を行っているのが「子ども」なのです。
奇声を上げて道路で遊ぶ子ども、落書きや、飛び出しの危険もあります。
しかし、「子どものやることだから・・・」とその一言で済まされてします現実があるのです。
毎日だったらどうします?
受験生を抱える親だったら・・・
家を「安らぎの場」として、穏やかな毎日を送るはずだったのに・・・
そんな嘆きの声が増えているのです。

 

悪質!注意すると嫌がらせ!警察も対応無し!

この道路族という言葉ですが、何かと似ていると思いませんか?
そうです。「暴走族」と似ていますよね。
子どもを道路族に育てる親がいるのです。

「公園だと、危ない人がいるかもしれないから。」
「家の前だと、子どもの声が聞こえるから安心できる。」
「公園に行くのがめんどくさい・・・」
そんな、ことから道で遊ばせている親がいるのです。
周囲に自分の家だけしかないような場所なら問題は起こらないでしょう。
しかし、混み合った住宅街の道で遊ばせる親のモラル、
限度を超えると近隣トラブルになるのは当然のことです。
事故の危険もあります。
実際に、交通事故に子供があったら血相を変えて怒鳴り込んでいくkのですから・・・

 注意されると、誹謗中傷や嫌がらせ!警察も対応できない子育ての闇

子どもが注意されると、子どもや親から仕返しをされるケースが増えています。
子どもに睨まれるだけではないのです。
周囲に悪い噂を流されたり、地域での生活がしずらいように追い込まれるケースもあります。
盗聴され、家族の行動や子供の成績などを噂されることもあります。
そうなってくると、当事者間での解決は難しいと言えるでしょう。
マンションではなく、一戸建ての場合などは延々とこの問題と付き合っていかなければならなくなります。
「気が狂いそうだった・・・」とおっしゃる方もいました。
そうなる前に、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

 

 

 


&nb