ぶつかる女

ぶつかる女

 


下記の容疑者は精神に問題があると思うのは私だけでしょうか。
逮捕された24歳の看護師の女は、小学校の通学路で犯行を繰り返していたとみられている。

子どもたちから「ぶつかる女」と呼ばれ、恐れられていた。

近所の住民はびっくりです。全然びっくりです。暴行事件を起こすイメージは全くないです。全然普通のお嬢さんなのでと語った。

容疑者は4月7日、枚方市の路上で、登校中の9歳の女子児童に、正面からわざとぶつかった疑いが持たれている。
衝撃で女子児童は転倒し、ひざに軽傷を負った。

学校関係者によれば、同様のぶつかり被害を訴えている児童は、2014年9月ごろから2015年4月までに延べ50人にのぼり、中には、雨の日に傘を折られたという児童もいた。

児童らの目撃情報によると、長田容疑者は常に「しかめっ面」で、ぶつかってくるときは無言だったという。

近所の住民は「正面を見ていないんだよね。下を向いている感じだった。機嫌が悪いというより、暗いという感じ、表情がね」と語った。

現場近くの学校に通う高校生は「当たったことに申し訳なさそうな感じも全くなく、何ごともなかったように去っていきました」と語った。

道の幅は、およそ1.5メートルあり、通常は1列に並んでいるという児童に、ぶつかることなく歩けるはずだが、容疑者は、端を歩く児童に正面からわざと体をぶつけ、転倒させていたという。

警察の調べに対し、容疑者は「ぶつかったが、わざとではない」と容疑を否認している。