ブラック企業は3タイプ

ブラック企業は3タイプ

生きていく上で切っても切り離す事が出来ない”仕事”。そんな仕事上でトラブルが起こった際、一人で悩む必要なんてないんです。私たちが全力でサポートさせて頂きますのでご安心ください。人生の半分を費やす時間でもある仕事をより楽しくなる未来になるよう私たちにお任せ下さい!

選別排除型、消耗使用型、秩序崩壊型

選別排除型

新入社員を大量に採用し、長時間労働に耐えられるかを選別して合格者のみ残す。

「入社後も、不合格と判断した社員にはあの手この手で退職を強要します。大手気象予報会社は入社半年の社員に月232時間の残業をさせたのち、個人面談で『予選通過は難しい』と告げたそうです。その後、この社員は自殺しました」
消耗使用型

重責を負わせた上、長時間労働で使い捨てる。

「正規社員だけでなく、非正規社員やバイトにも過度の責任とノルマを与え、徹底して働き詰めにさせます。働き手が『辞めたい』と申し出ても『無責任だ。認められない』と却下し、限界を超えるまで働かせる。体や心を消耗しきった働き手がやむなくリタイアすると、新人を入れて同じように酷使します。
秩序崩壊型

人手不足や人件費対策のため違法な労働を強要する。

「エステで新人に施術させるケースや医療事務職に注射を打たせる医療機関など、未経験・無資格者に資格外の業務をさせるタイプ。れっきとした犯罪行為です」
企業トラブル、企業においてトラブルの一つや二つあるものです。
これはどんなに健全な企業であろうが付きまとってきます。

企業トラブルと言うと、社員の横領背任、顧客トラブルを始め、事件、事故問題など様々です。

「事件」「事故」「トラブル」これらは、私たちが「ある行動」に出た途端に勢いづいて襲いかかり、最悪の場合、企業の息の根を止めるまで攻撃をし続けます。
そんな恐ろしい事態を引き起こす「ある行動」とは何か?

それは「事件・事故・トラブル対応を怠る事」、「それらから逃げる事」。

そして、事件・事故・トラブル対応の基本はひとつ。「逃げない」ことなのです。