無言電話 営業妨害

無言電話 営業妨害

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

白紙撤回となった2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムを製作したデザイナーの佐野研二郎氏(43)の事務所「MR_DESIGN(ミスターデザイン)」と、無関係ながら、よく似た名称のデザイン会社「Mr.DESIGN(ミスターデザイン)」に無言電話やイタズラ電話などが相次いでいることが分かった。

おもにホームページデザインを手掛ける社長は無言電話やイタズラ電話がたくさん掛かってきて、すごく不愉快な思いをしています。佐野さんいらっしゃいますかと聞かれて『間違ってますよと答えると、ブチッと切られたりと被害を告白。同社のホームページにも「インターネットで社名を検索しても盗作や倒産などの言葉が表示されるので、風評被害もたまったもんではありません話している。

これは明らかに営業妨害である。

ひっきりなしに掛かってくる無言電話などは2~3週間前をピークに一度は沈静化したものの、今月1日にエンブレムの取り下げが決まり、再び頻度が増した。

しかし、事件にはならないケースがある。ここで詳細を話すことはしないが、当事者は悔しい思いをしている。詳細を話せないわけは、悪を知って悪を行う輩が出てくることもあり得るからだ。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍