ブラックバイト!

ブラックバイト

ブラック企業の問題もさることながら、アルバイトでも問題が起こっています。

ノルマを達成しないと自費で商品を買い取り、授業や試験の予定を無視してアルバイトに働かせるといったことがブラックバイトとして問題になっています。

ブラックバイトとは、「学生であることを尊重しないアルバイト」が定義です。
低賃金であるのに、正社員並みの義務や学生生活に支障が出るほどの重労働を強いられることも多いのです。

 

ブラックバイトの闇!辞めたいけれど辞められない!

条件が合わないのならば辞めればいい!
アルバイトなのだから、正社員とは違うだろう!
そう思う方も多いでしょう。しかしこのブラックバイトの背景には様々な経済事情があるのです。
正規雇用の減少や、仕送りが減り学生が簡単にバイトを辞められなくなっています。
辞めることでまた何十社もアルバイト先の面接に時間をとられ、それでもなかなか次のアルバイト先が決まらない学生が多いのです。これは、フリーターの数が増え、彼らとの競合で次のバイトが簡単には見つからないという事情があるのです。

 

初めてのバイト先がブラックバイト!何が基準なのか知らない無知の悲劇!

このブラックバイトの被害に陥る彼らは、人生で初のアルバイトであることが殆どです。
社会経験の浅い彼らは、通常の会社での勤務経験もないため
こんなものだろうと言われるがままに使われるのです。
結果、授業に出られないことから成績が落ちて単位が取れない状態になったり、
試験にすら出ることが出来ない学生もいるのです。
このような問題は昔から全くないわけではありませんが、これだけ社会現象になっていうと言うことは
現代ならではの問題ではないでしょうか。
弱者を踏みつぶす時代になっていることを痛感します。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。