職務規程違反

職務規程違反

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます

 

弁護士を戒告

過払い金返還請求訴訟で和解金額などを弁護士に一任する内容の同意書を取り付け、依頼人と協議せずに貸金業者らと和解したとして県弁護士会は5日、武雄市の法律事務所に所属する男性弁護士を10月31日付で戒告の懲戒処分にしたと発表した。県弁護士会によると、約2800人と同意書を交わしており、弁護士は取材に「同意書は強制ではなかった。法律が分からない依頼者もおり、任せたいという人もいる」と釈明した。

処分理由は2010年1月~13年12月、依頼人と「和解金額や支払時期を弁護士に一任する」「訴訟の処理結果を第三者に開示することを禁止する」などの同意書を交わすなどし、弁護士職務基本規程に違反したとしている。依頼人の申し立てで昨年発覚した。県弁護士会の牟田清敬会長は「弁護士の品位を失わせる行為だ。信頼回復に努めたい」と述べた。男性弁護士によると、昨年12月以降、同意書は取っていないという。
トラブル、悩みの解決は、プロの意見を聞く事で、すばやく、的確に解決に導く事が出来る上、様々なリスクを回避する事で、解決の様々なトラブル、悩みを事前に防ぐ事が出来ます。
当社では、まず十分に打ち合わせ、ヒアリングをし、トラブル、悩みの内容を検証し、その上で対策をします。
よって無駄のない解決へのアプローチが出来、早く、的確なトラブル解決、悩み解決が出来るのです。