裸画像投稿 

裸画像投稿

増えるリベンジポルノ問題は、女性の一生を大きく左右する大きな被害です。

早期解決があなたを救います。誰にも知られず解決したいなら今すぐお電話ください!

交際している男性や夫の浮気・不倫相手に裸の画像や映像を撮られてしまった!

中には、実際に会ったこともない相手に自分のあられもない画像を送ってしまっているケースも・・・

年代も様々で、中学生や高校生の被害もあれば、主婦やアラフォーの方の相談も増えています。
男女交際とリベンジポルノの被害は隣り合わせです。
特に、出会い系や婚活、ネットでの出会いは特に注意が必要です。
会った事も無い相手に裸の画像をネタに脅されているケースもあります。
「私が悪いのですが・・・」と、いう前提でご相談頂く場合もございます。
とにかく解決したい!このままでは外に出られない!羞恥をあおられる問題です。
近年増えているのが画像をネタにした脅迫や恐喝の被害です。
浮気や不倫の現場を撮影されて脅されるケースもありますが、特に増えているのはリベンジポルノ被害など交際相手や元交際相手からの被害です。
スマートフォンやタブレット端末などを利用することで、すぐにインターネット上にアップすることが可能です。特別な機材の必要はありません。
そういった事からも、若者からシニア世代まで幅広く被害に遭うのです。
また、この被害は出会い系サイトで知り合った相手との間で起こることもあります。初めから仕組まれていることもあるのです。主婦ばかりを狙って犯行を繰り返す者もいます。
群馬県警は30日、元交際相手の裸の画像をインターネット掲示板に投稿したとして私事性的画像記録の提供被害防止法違反などの疑いで、群馬県高崎市井野町、自営業、田中辛二容疑者(43)を逮捕した。

逮捕容疑は、元交際相手のパート女性(41)の裸などが写った複数枚の画像を携帯電話からインターネット掲示板に投稿。昨年12月17日~今年1月10日、不特定多数に閲覧できるようにして名誉を傷つけた疑い。

県警によると、田中容疑者はインターネットのサイトで女性と知り合い、2012年ごろに1年間交際していた。画像の投稿は昨年10月で、県警は同法の罰則規定が同12月に施行されて以降を逮捕容疑とした。今年1月11日に女性が県警に相談し、画像は削除された。