弁護士の資質

弁護士の資質

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

 

以前岡山で起こった事件です。民事訴訟の賠償金など9億円超を着服したとされる元弁護士のH被告(66)=岡山市東区、控訴中

による巨額の横領事件から、岡山弁護士会は再発防止策として、苦情を深刻度に応じ5段階で評価し、情報を一元管理する「情報管理責任者」ポストを新設すると発表した。

代行を含め2人任命し任期は2年。豊富な経験と見識を持つ人材を充て、問題の早期把握・対応を図るというものだそうだ。

 

依頼者らから苦情などを受け付ける岡山弁護士会館(同市北区南方)の市民窓口も機能強化するとのこと。

担当だった副会長(4人)に代わり、会員334人の中から相談員(30人程度)を選出する。平日に当番1人を弁護士会館におき、受けた苦情を5段階で評価するという。

 

情報管理責任者は、相談員をはじめ弁護士会内の各種委員会から報告された問題を分析する。

2週間に1回以上、弁護士会長と協議し、必要がある場合は会長が直接事情聴取するほか、同会による懲戒請求、捜査機関への告発などを行うという。

 

同会では、依頼人からの「預かり金」専用口座などについて、名義や口座番号を届け出るよう義務付けた独自規定も今月から運用を始めている。

 

弁護士の信用回復は出来るのか・・・

弁護士も人。

目の前の金を着服する者も、中にはいるわけです。

 

 

 

アイ総合コンサルタント

 

 

 

 

 

アイ総合コンサルタントは、

 

証拠を活用出来る人材

 

証拠調査士の育成もしています。

 

探偵業をされている方のステップUPのための資格です。

 

クライアント満足度を上げて、

 

収入アップにつながる資格でもあります。

 

お問い合わせは、

 

アイ総合コンサルタント

 

0120-007-808