視力回復 レーシック問題

視力回復 レーシック問題

ブログを読んでくださってありがとうございます。 価格も下がり、身近になったレーシック手術。 近視矯正のレーシック手術による目の痛みなどのトラブルが約4割にも登るというニュースが報告されました。 過去5年間で80件の報告があったと、消費者庁が発表しました。 レーシック手術を受ける前にリスクを十分に理解するようにと呼びかけています。 レーシック手術に関する被害情報が2009年度以降、 毎年10件以上寄せられているとのことです。 累計80件のうち7件は重大事故等として公表されています。 被害の自覚症状は、矯正のしすぎによる遠視が最も多いという事です。 また乱視、光をまぶしく感じる、ドライアイ、目の痛みなどの報告もされています。 二次的な被害として、遠視が原因の頭痛や吐き気などの体調不良も報告されています。 重大な被害としては、 手術直後から2カ月間、目の表面に激しい痛みがあり、寝たきりの状態になった(40歳代女性)、 レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視になり、目の周りの筋肉が常時痛む(30歳代男性)などがあるとのことです。 レーシック手術とは、特殊なレーザーで角膜を変形させる方法です。 屈折率を変える事で視力を回復させる屈折矯正手術のことです。 核膜が薄いと受けられないなど、条件もあり適応可能かどうか、 また、デメリットも考慮した上で手術を行う事が重要です。 100%成功と言い切れず、 トラブルが起こる事はよくあります。

アイ総合コンサルタント

0120-007-808

 

アイ総合コンサルタントでは、 証拠を活用出来る人材 証拠調査士の育成もしています。 探偵業をされている方のステップUPのための資格です。 クライアント満足度を上げて、 収入アップにつながる資格でもあります。 お問い合わせは、

アイ総合コンサルタント

0120-007-808