大切な家族の死の真相

大切な家族の死の真相

 

今日も、ブログを読んでくださってありがとうございます。

社内でのいじめ問題、トラブルは隠蔽の傾向があります。

「たちかぜ」乗組員の自殺
2004年10月、乗組員(当時21)が東京都内で電車に飛び込み自殺した事件。
遺書には先輩隊員から暴行を受けたと記されており、後輩隊員らがエアガンで撃たれたり、アダルトビデオの買い取りを強要されたりしたことが発覚した。
遺族は「先輩隊員のいじめが原因」と約1億3千万円の賠償を求めて提訴を起こし、横浜地裁は11年1月、いじめを認め、国と先輩隊員に計440万円の支払いを命じた。遺族が控訴し、訴訟は継続中。
この事件、海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」乗組員の自殺に絡み、「いじめを示す調査文書が隠されている」と内部告発した3等海佐(46)に対し、海自が懲戒処分の手続きを始めた。
秘密でもない文書への内部告発まで萎縮させる隠蔽(いんぺい)体質が、改めて浮かび上がった。

 

 
自殺の真相解明は、

アイ総合コンサルタント

自殺の真相解明依頼 ダイヤル

0120-007-808

 

 

 

アイ総合コンサルタントでは、

証拠を活用出来る人材

証拠調査士の育成もしています。

 

証拠調査士は、

アイ総合コンサルタント

証拠調査士スクール ダイヤル

0120-007-808