男性と偽り女性と交際、婚約申し込み

男性と偽り女性と交際、婚約申し込み

この事例は、男女トラブルとは言えないが、同性に対して起こった恋愛感情のもつれ事件と言えます。
慰謝料200万円支払い命令
女性同士で結婚できないにもかかわらず、男性と偽って交際、婚約などされ、精神的苦痛を受けたとして○○市○○区の40代の女性が、○○市中央区の40代の女性に慰謝料として300万を求めた訴訟の判決が25日、○○地裁であった。○○○○裁判官は原告側の訴えを認める一方、「被告の性別に疑いを持ち、確認する機会があった」などとして、被告側に200万円の支払いを命じた。
判決によると2人は平成17年10月に知り合い、20年夏に原告が被告を男性と思って交際を開始。原告は21年4月に被告からの婚約の申し込みに応じたが、婚約破棄後の23年5月、知人から被告が女性であることを知らされた。

○○裁判官は、被告が写真に男性と思われる風貌で映っており、結婚をほのめかすメールも送っているとして、被告が男性と偽っていたと認定。「原告は人格権が侵害され、精神的苦痛を受けた」と述べた。

私の疑問は、この二人に肉体関係があったのか、なければ、婚約破棄ということは、どのように婚約まで至ったのかなどの疑問が出てきた。

肉体関係はなくても婚約はできるのですが、どうなのか疑問ばかりです。

私個人では、肉体関係もないのに婚約はしたくないです。

トラブルは、だれにも相談できないケースがあります。当社は秘密厳守で安全安心です、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

男女トラブル解決なら

アイ総合コンサルタント